11katana.cocolog-nifty.com > BLUEBELL W300

BLUEBELL W300(1)

BLUEBELL W300(1)

中学生の時、お小遣いを貯めてやっと買ったギター第一号です 約35年前、電車に乗って、県庁所在地の駅前の大きな楽器店へ数回通って、本当に欲しかった、モーリスギター(当時、アリス谷村が、「モーリス持てば君もスーパースターだ」とラジオで言ってました)は、ギター購入時には絶対に欲しかった、ハードケース(ヤマハ製15000円)が必須と思っていたので、全予算額の合計金額からハードケース代を引くと、このBLUEBELLが精一杯でした しかし、そのときのハードケースのおかげで今でも、先日の震災にもメゲず35年の間、無事に元気です


BLUEBELL W300(2)

BLUEBELL W300(2)

BLUEBELL W300
スプルース単板トップ/ローズウッドリム・バック/ピックガード・ベッコウ埋込み/マホガニーネック/ローズウッド指板/ダイカストロートマチック糸巻/当時価格30000円
富士楽器が中心になり、鈴木バイオリン、TAMAなどがOEMで製作し、製作の時期や、モデルランクにより、製作工場が分かれていたらしいです
BLUEBELLはバンジョーやフラットマンドリンなど国外で評価の高い製品を作っていたらしいです(カビだらけですが、当時のパンフレットにもその詳細が書かれています)


BLUEBELL W300(3)

BLUEBELL W300(3)

このギター、暫くしまってあって、ハードケースのボロが目立ちはじめ、誰かに譲るか廃棄しようと思って自室にて、ふたを開けたのです するとやや光沢を失ったギターが横たわっていました ギターを取り出すとギターの下には、懐かしい当時の手書きの譜面や黄色くなった五線紙などが、残っていました! 手にしたギターはイメージにある輝きを既に失ったボディーでしたが、ペグの錆、ネックの反り、弦高の異常も無く良好な状態でした 昔から弦なんてほとんど緩めたことが無く、大抵張りっぱなしでしたが、ネックのそりもほとんど感じられず、ペグも全く問題ありません いい感じに枯れていい音が出ていると自己満足してます しかし、日本人の作るギターってやはり素晴らしい! 35年たってもなんら問題ない!って 若干錆のある弦で調弦するとなにやらいい感じ!?早速、新しい弦を買ってきて弾いてみると、ますますいい感じ!これは廃棄物では無い!一応、知り合いの楽器店に持ち込むも、OHの必要性はないよ!って 実はこのギター、ネックも細く、手の小さなおいらには抜群の相性でした 中学生や入門者には打ってつけ、しかも、音がいい!と改めて感じた瞬間でした よって当家の第三子に買い与えた入門セットギターを剥奪し、この伝統あるBLUEBELLをレンタルすることにしました